top of page
検索

望聞問切

医者の重要な四つの診察法。

「望(ぼう)」は目で察すること。

「聞(ぶん)」は耳でよく聴くこと。

「問(もん)」は言葉で患者に問いただすこと。

「切(せつ)」は指でさすって診みること。


私は患者さんが治療室に入ってくる表情をとても注視しています。

それは、表情で患者さんの重症度がある程度把握出来るからです。

特に定期的に通っていただいている方は、その変化を感じ取りやすい。


「よし、この元気のない顔を治療後には笑顔にしなければ!」

それが治療がうまくいったかの目安となります。


なぜ肩がこるのか?腰が痛いのか?冷えているのか?

それには根本となる原因があるはずです。

とにかく得られる情報はとことん聞きたい。

聞かなければ治療方針を立てられないからです。

情報を聞き出すために患者さんとの信頼関係を築くことも治療の一つと言えます。


治療前の「望・聞・問」も治療に不可欠で、治療の一環と言えます。


その上で初めて体に触れる(切診)。

脈診や腹診で体に触れ、問診の内容と擦り合わせを行う。

治療を始める前には、とても重要な「望・聞・問・切」

すぐに治療を始めないのはこういう理由があるのです。


帰りには笑顔で世間話ができるようお付き合いください。

最新記事

すべて表示

鍼灸院は敷居が高い?

いつも思うことですが「鍼灸」で検索してくれたことに感謝しています。マッサージや整体と違い、鍼灸という言葉の響きは治療を受けるにあたりファーストチョイスになりにくい。注射が好きという方はなかなかいません。 「ハリ」=「痛い」と連想しませんか? はい。実際痛いこともあります。 全く痛く無いというのは嘘になります。 「チクッ」「ズーン」「ズキッ」「ズドーン」といろんな刺激があります。 鍼治療は正直、向き

ヴァイオリンを弾く姿勢

この仕事を続けていると、様々な職業の方との出会いがある。 専門分野でご活躍されている方は、私よりも体の知識が豊富で教わることも多い。 体の不調を訴え、頼ってくれる方から教わるとは何とも情けない話だが、 事実、その経験から知識を得て、技術向上に繋がったこともある。 近くに音楽大学があることから、楽器を弾く患者さんが来られたりする。 彼女の辛い場所は背中。背中がガチガチになって辛いと訴えた。 筋肉の質

仙川、ハーモニー通り商店街

この場所にお店を構えたのには理由があってないようなもので・・・ お店候補として芦花公園の良物件があったのだが、不動産業者から住居のみで店舗としてはお貸しできないとの返答があり、物件を借りることはできなかった。その不動産担当者から、オススメの物件が仙川にあるのですが、内見してみますか? というお声がかかり、内見して気に入り、勢いですぐに契約しますとこの場所に決めてしまった。 子供ができてからは、仙川

Comments


bottom of page