top of page
検索

奇跡

更新日:2023年9月3日

4年ぶりに治療したご婦人の話。

4年前に治療した時は、がん治療後ということで、

ガリガリに痩せて、ほぼ寝たきりという状況だった。

血流を良くするために、体を優しくさする。

それぐらいしかやれることがなかったが、

4年ぶりにお会いした印象は、体重も元に戻り、血色も良くとても元気な様子に見えた。

昨年がんが再発したとのことだが、現在は完治した状態を保っているとのこと。

しかし、日々の抗がん剤治療の影響なのか、足を引きずって歩かれていた。

治療ということで、まずマッサージ をしながら様子を見たところ、もっと強くやってもらって大丈夫という反応で驚いた。昔はさするぐらいだったのに、全く別人のようだった。

これはがん治療の後遺症による知覚鈍麻ではないか?

体全体を強めに揉んでも、指先にその感覚がないということがわかった。

本人も初めて気がついたとのことで、硬さの取れない体に鍼治療を行った。

鍼を打って、全身調整を行ったところ、

治療後には、起き上がりスタスタと歩かれたのだ。

本人も驚き、スキップし出した。

がんになってから普通に歩いたのは初めてということで、

その場で、ご婦人は自身の母親に連絡しそのことを伝え、ご婦人の娘さんはお母さんが普通に歩いているのを久しぶりに見たと驚いていた。本人だけでなくご家族に喜びを与えられたこともとても嬉しく思う。

神秘的だった。

こういう奇跡に遭遇することがあるのです。

最新記事

すべて表示

鍼灸院は敷居が高い?

いつも思うことですが「鍼灸」で検索してくれたことに感謝しています。マッサージや整体と違い、鍼灸という言葉の響きは治療を受けるにあたりファーストチョイスになりにくい。注射が好きという方はなかなかいません。 「ハリ」=「痛い」と連想しませんか? はい。実際痛いこともあります。 全く痛く無いというのは嘘になります。 「チクッ」「ズーン」「ズキッ」「ズドーン」といろんな刺激があります。 鍼治療は正直、向き

ヴァイオリンを弾く姿勢

この仕事を続けていると、様々な職業の方との出会いがある。 専門分野でご活躍されている方は、私よりも体の知識が豊富で教わることも多い。 体の不調を訴え、頼ってくれる方から教わるとは何とも情けない話だが、 事実、その経験から知識を得て、技術向上に繋がったこともある。 近くに音楽大学があることから、楽器を弾く患者さんが来られたりする。 彼女の辛い場所は背中。背中がガチガチになって辛いと訴えた。 筋肉の質

仙川、ハーモニー通り商店街

この場所にお店を構えたのには理由があってないようなもので・・・ お店候補として芦花公園の良物件があったのだが、不動産業者から住居のみで店舗としてはお貸しできないとの返答があり、物件を借りることはできなかった。その不動産担当者から、オススメの物件が仙川にあるのですが、内見してみますか? というお声がかかり、内見して気に入り、勢いですぐに契約しますとこの場所に決めてしまった。 子供ができてからは、仙川

Comments


bottom of page