top of page
検索

カップヌードル

タイトルのカップヌードルは、吉野家の牛丼でも、グリコのポッキーでも何でもよかったのですが、何が言いたいかというと定番商品(最終形態)ということです。

逆に味が変わってしまったら人は離れていきます。わたしは常日頃から定番商品を羨ましいと感じていますが、その理由は、僕の治療も体系化し、最終形態になればどんなに楽だろうと思うからです。

長年治療をしていても、治療方法に答えが見つかりません。治療方法にセオリーがあれば万人に対して何も悩むことはないのですが、人の体はひとりひとり違います。体型も違うし、男女でも違う。性格も違う。響く鍼の刺激が好きな人もいれば、鍼は怖くて苦手という人もいます。治療のやり方を全く同じにする方が無理かもしれません。

1000人の患者がいるように、1000人の鍼灸師がいます。全員やり方が違います。僕自身鍼の勉強をする中でいろんな先生と出会いました。

鍼の長さや太さは本当に細かく何種類にも分かれていますが、0.1番鍼という髪の毛よりもずっと細い鍼を使う先生もいます。痛みはまったくといっていいほどありません。鍼をしっかり効かせることが大切ということで、逆に10番鍼という太くて硬い鍼を使う先生もいます。

どちらが正解なのか?正解はないのです。患者さんが満足してくれる治療が答えです。どの世界も同じかもしれませんが、この世界はきっとわたし自身の体が動かなくなるまで勉強が必要なんだろうと気が重くなることがありますが、それでも、日々の中でより良い治療方法を発見した時にはとても大きな喜びを感じます。そんなことを繰り返しながら鍼灸という壮大で果てのない世界を楽しみながら生きていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

鍼灸院は敷居が高い?

いつも思うことですが「鍼灸」で検索してくれたことに感謝しています。マッサージや整体と違い、鍼灸という言葉の響きは治療を受けるにあたりファーストチョイスになりにくい。注射が好きという方はなかなかいません。 「ハリ」=「痛い」と連想しませんか? はい。実際痛いこともあります。 全く痛く無いというのは嘘になります。 「チクッ」「ズーン」「ズキッ」「ズドーン」といろんな刺激があります。 鍼治療は正直、向き

ヴァイオリンを弾く姿勢

この仕事を続けていると、様々な職業の方との出会いがある。 専門分野でご活躍されている方は、私よりも体の知識が豊富で教わることも多い。 体の不調を訴え、頼ってくれる方から教わるとは何とも情けない話だが、 事実、その経験から知識を得て、技術向上に繋がったこともある。 近くに音楽大学があることから、楽器を弾く患者さんが来られたりする。 彼女の辛い場所は背中。背中がガチガチになって辛いと訴えた。 筋肉の質

仙川、ハーモニー通り商店街

この場所にお店を構えたのには理由があってないようなもので・・・ お店候補として芦花公園の良物件があったのだが、不動産業者から住居のみで店舗としてはお貸しできないとの返答があり、物件を借りることはできなかった。その不動産担当者から、オススメの物件が仙川にあるのですが、内見してみますか? というお声がかかり、内見して気に入り、勢いですぐに契約しますとこの場所に決めてしまった。 子供ができてからは、仙川

コメント


bottom of page